フ リ ー ダ ム ら い ふ 

【スポーツスターとカフェ巡りのブログ】
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOP ≫ CATEGORY ≫ ●ミリタリー
CATEGORY ≫ ●ミリタリー
      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ドリフトする戦車! しかも陸自(^。^;)

陸上自衛隊もやってくれますね~(^^♪
先頭車両は確かに少しドリフト気味に突っ込んできてます。
女性の声で”少し速くない?”ってのが、笑けました(・∀・)


まぁ、一番手なので張り切ったのかもですが・・・2台目以降は普通通り走ってました。
たぶん無線で指示が飛んだんでしょうね(^_^;)
しかし、約44トンの鉄の塊がドリフトしながら突っ込むのは、凄い迫力だったでしょうね(^^♪
あぁ、経験したかったなぁ・・・(´ε`;)

でも、ドリフト戦車と言えば、泣く子も黙る”おそロシア軍”・・・
ほんと、なにやってんだか(^。^;)


まっ、戦車は普通に使いましょうね(・∀・)
スポンサーサイト

キモかわいい軍馬ロボット(^^♪

これは、米軍が研究している軍馬ロボット、LS3(Legged Squad Support System)。
不整地走行が可能なので、荷物を運んだりするロボットとして注目されていますが、なんせその動き
がキモイ(^^;
百聞は一見にしかずとも言いますので、まず見ていただければ納得していただけると思います(^^♪

001_20140408230749068.jpg

こちらは一世代前のビッグドッグ。
例の如くWikipediaで・・・ビッグドッグ
キモかわいさは、上記のLS3より抜群に上ですねっ(^^♪性能はLS3の方が上でしょうが(^^;


そして、こう言うキモかわいいのが出てくると、パロディ版を作るのがいるんですよね~
外国人らしい(^^♪・・・でも結構似てるところがある(^^;
蹴飛ばされてコケるところが、個人的には大好きっ


最後に上位版のLS3。見た目もスマートでエンジン音もビッグドッグよりは静か。でも動きはやはりキモイ(^^♪


軍事利用と言うと我々日本人は拒否反応を示してしまいがちですが、大規模災害では、このようなロボットが活躍してくれそうなので、こう言う分野はどんどん発達してもらいたいですねっ(^^♪
一度ビッグドッグの背中に乗ってみたいですっ(・∀・)

ソマリア沖海賊対策、それぞれの対応( ̄ー ̄)

海上自衛隊も派遣されているソマリア沖の海賊対策ですが、今の時代に海賊って?と思ったのは私だけではないはずっ、た、多分(^-^;
海賊、と言えばジョニー・デップですよね~
冗談はさておき、今でも海賊は存在します。私達が知っている中世ヨーロッパの時代のものとは違う形で・・・
詳しくは例の如く、wikipediaにてどーぞっ(・∀・)
wikipediaソマリア沖の海賊

014_20140405000430a1a.jpg

※今回は動画に兵器による過激な描写が含まれてますので、動画閲覧にはご注意下さい(._.)

簡単に言うと、大型商船(タンカーなど)に小型ボートにて密かに接舷して乗り込み、乗組員を人質にして身代金等を要求する訳です。
海賊だからと言って、大きな海賊船を持ってると言うことではないのですっ( ̄^ ̄)
これはまさに海賊船が接舷した瞬間(((゜Д゜;)))
乗組員は民間人なので、こうなるとどうしょうもない・・・
002_20140404235013a9f.jpg

その瞬間の動画ですっ(ーー;)


しかし、民間軍事会社を雇っている船は黙ってはいませんっ!
窓の右上に映る白い航跡を発見するやいなや・・・
004_201404042350150e1.jpg

即射撃っ!左下の黒い棒はライフルの銃身です。
005_20140404235011583.jpg

土嚢を積んで銃座を作ってやる気満々で待ち構えてたようです。
006_201404042350370fe.jpg

動画では更に緊張感が伝わってきます。(銃撃戦は00:50辺りから)


これが軍隊となれば対応が変わってきます。
まぁ軍艦VS小型海賊船なので、武力の差があり過ぎますよねっ
威嚇射撃から入って、大抵これで降参するでしょうが、それでもダメで抵抗するなら撃沈という流れでしょうか。
こちらは、アメリカ海軍が威嚇射撃を行っている様子・・・
これでも結構派手に射撃してますよねっ(^-^;
007_20140404235038257.jpg

動画はこちら・・・射撃音がすごいのは、近接防御火器システムのファランクスを使用しているからだそうです(^_^;)
あっ、ファランクスについては、こちらからく、wikipediaファランクス


結構当たってるように見える気がしないでもないですが、馴染みのある空に向けて”パ~ンッ!”と撃つのは治安の維持された国内だから通用するもので、戦場ではギリギリを狙うそうです。
ここまで武力の差があると即降参ですよねっ(^_^;)

お次は泣く子も黙るロシアン(^_^;)・・・ロシア海軍は容赦なしです。
”バババババッ!”と当てていきますΣ(゚д゚lll)
011_20140404235050155.jpg

轟沈・・・(ーー;)
012_20140404235050b8a.jpg

動画はこちらから・・・ロシアもAK630Mと言うロシア版ファランクスを使用してます。
wikipediaAK630
(射撃は00:50辺りから)


上記2つの動画については、海賊船が停船してるので、海賊を拘束した後の無人状態の船を標的にしているように思いますが、詳しい説明がないので分かりません。
いくらロシア海軍でもいきなり轟沈はしないと思います(^_^;)

どちらにせよ、海上の治安維持のため個別に海賊を撃滅するのも必要ですが、海賊が生まれてこない環境を作ることも必要ですね。
wikipediaソマリア沖の海賊によると、貧困した漁民が武装して海賊になったとか、元々存在した武装勢力が海賊になっただけなど、理由は色々あるようですが、根本的には貧困が原因なようです。
だからと言って海賊行為が許される訳ではないですが、少し見方が変わってきます。
日本も海上自衛隊が現地で頑張ってるので、もう少しニュースになってもいいのに(^_^;)
最近テレビ等でソマリア沖の事を報道しないので、ネタにしてみました!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。