フ リ ー ダ ム ら い ふ 

【スポーツスターとカフェ巡りのブログ】
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP ≫ CATEGORY ≫ ●サイエンス
CATEGORY ≫ ●サイエンス

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

あっ、なる程(^▽^) 気球型風力発電機、その手があったか!

最近見かける機会も多くなってきた、山の上や海岸線に設置されている風力発電機。
巨大なプロペラが、ゆ~っくりしか回てなくて、「あららぁ(^_^;)」と思ったことがある方もいるはず。
そもそも風が吹かないと、発電できないんですよねっ(ーー;)
そこで、この気球型風力発電機、その名も「バット」の登場ですっ!
上空1000feet(約300m)で18ヶ月試験運用されるとのことです。
これは世界の頭脳集団MIT(マサチューセッツ工科大学)のベンチャー企業Altaeros Energies社が開発したもの。MITのお墨付きとあれば期待大ですねっ(´▽`)
001_20140511221556343.jpg

上空の安定的な風を利用できるので、地上の風力発電に比べて2倍の能力があるらしいです。
この気球はハリケーンにも耐えれるようにできているとのこと(^▽^)


また、wifiスポットも搭載して、インターネット環境の面でも貢献出来るとのことです。
どこかの携帯会社でも、気球を使ったwifiスポットが有りましたが(・∀・)
この試験機1機で12世帯の電力をまかなえるそうなので、実用化されて更に大型化、発電効率が上がれば離島や世界の山岳地帯や砂漠で住む人々に電力を供給できる日がくるかも。
1000機位飛ばすついでに気球に太陽光パネル貼り詰めて、ソーラ発電もしたら一石二鳥?
素人考えですが、夢が膨らみます(^O^)

ブログネタ元:http://www.likecool.com/World__s_First_Airborne_Wind_Turbine--Tech--Gear.html
スポンサーサイト

想像を超えた大きさの星達・・・ちょっと想像のキャパを超えすぎですが(^。^;)

私など普段全然宇宙など意識して生活してきたことなど無いですが、宇宙に地球が存在して、その地球の上でへばりつく様に人間が生活してるのは事実です。それを理解しつつも宇宙に関しては素無視状態(^_^;)
多分、宇宙がデカ過ぎるのが原因だと思うんですよね~
001_20140424214246212.jpg

下の画像、星のマップじゃなくて、太陽系が所属する天の川銀河の近くにある銀河のマップとのこと・・・銀河ってこんなに沢山あんの? アンドロメダくらいしか知らんし(^_^;)
銀河じゃ大きさの単位がデカ過ぎるので、星の大きさをまず見てみることにしました。
002_201404242142516b2.jpg

これは太陽系の惑星から始まり、現在知られている最大の恒星までの大きさを比べた動画です。
この巨大さは目からウロコと言うか、想像を越えてしまいますが、本当に存在する星だそうです(・∀・)


左から、まずは月と水星。まぁ、こんなもんでしょう(^^♪
003_20140424214237c23.jpg

次は、火星と金星。火星って意外と小さいんですねっ、月より一回り大程大きいくらいか(・∀・)
004_20140424214230225.jpg

そして、金星と我々の住む地球っ\(^o^)/やっぱり、見慣れてるせいか綺麗ですね~
005_2014042421423204e.jpg

お次は急に巨大化で、海王星っ!地味なくせにこんなにデカかったのか(゚o゚;
006_201404242143165b1.jpg

そして、土星と木星。この二つは地球よりかなり巨大だと感覚的に知られているので、多分驚く人は少ないはず(^O^)
007_2014042421432032f.jpg

そして、我らの母なる太陽・・・こんなに大きかったの?地球はもう縮尺外やし(^。^;)
008_201404242143213d2.jpg

ここからは、恒星の大きさ比べ(^^♪ まずはシリウス。よく聞く名前の星ですよね。
例の如くWikipediaでどーぞ。Wikipedia:シリウス
009_20140424214314c2a.jpg

そして・・・(^。^;)、おいっ、やり過ぎやないか?太陽がめっちゃ小さいやないか!
って、この星なんや?Wikipedia:ポルックス
010_20140424214314d32.jpg

え~っ、まだデカイのがあるの?(;^_^AWikipedia:アルデバラン
011_20140424214338454.jpg

あっ、リゲルは聞いたことある(^^♪ オリオン座の星ですねっ!こんなにデカかったのか・・・
何か右端に映る星の影に嫌な予感が・・・( ̄◇ ̄;)
Wikipedia:リゲル
012_20140424214339a1d.jpg

またまた急に巨大化(ToT) Wikipediaによると太陽が1年間で放出するエネルギーを6秒で放出するって言うけど、この時点ではもう太陽が基準では訳が分からない(^O^;) 太陽小さ過ぎて画面に写ってないし・・
Wikipedia:ピストル星
013_2014042421434041b.jpg

ここまでくると、デカイor小さいの二者択一ですねっ!やっと終わりかぁ(^_^;)
Wikipedia:アンタレスガーネット・スター
014_20140424214342654.jpg

えっ(;゚Д゚)!、まだあったの・・・更にデカいのが。゚(゚´Д`゚)゚。
どうやらこれで最後のよう(^ω^)
Wikipedia:おおいぬ座VY星
015_201404242143360f3.jpg

こいつと地球の大きさを比べると・・・こんなんリゲル辺りと比べても同じやと思うが(^_^;)
まぁ、時速900km/hの飛行機で一周するのに1100年かかるそうなので、かなりデカイのは分かりますが・・・
016_20140424214350f32.jpg

太陽でもあんなに大きいのに、宇宙には本当にデカイ星があるんですねっ。
デカ過ぎるっ!!
それが沢山集まってできてる銀河って?更にその銀河が沢山ある宇宙って?
017_201404242143514e7.jpg

もう訳が分からないです。取りあえず普通に生活します。あっ、また宇宙を無視か(^。^;)

垂直離着陸するロケットさん(^^♪

ロケットって使い捨てと思ってましたが、これは凄いっ!
確実に技術は進歩してるんですねっ(^^♪
これはアメリカの民間企業スペースエックス社のロケットの離着陸試験の映像です。
アメリカのNASAじゃないのか・・・民間企業ってのが更にワクワク感倍増ですっ(´▽`)

007_201403142239097d3.jpg

動画は以下より・・・744m上昇し、定位置に無事着陸しました。
https://www.youtube.com/watch?v=9ZDkItO-0a4


スペースエックス社について詳しくはWikipediaにてどーぞっ(^^♪
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B9X

有人飛行まで計画しているのが凄いですねっ(^^♪

NASAも負けてはいられません。
こちらも垂直離着陸機。
しかしこちらは、惑星用の着陸船モーフィアスさん(^^♪
形が愛らしいですっ!
018_20140314223935dee.jpg

動画は以下から・・・モーフィアスさんは水平移動もしてます(・∀・)
https://www.youtube.com/watch?v=164kcbTPH5A


民間でロケットを打ち上げてしまうなんて、スケールがデカイと言うか、普通思い浮かばないでしょっ(^^;
それができちゃう国なんですね、アメリカって(^^♪
これでロケットの運用方法も変わるのかもしれませんね!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。